グループホームとは

グループちゃん! 世間では認知症の人って徘徊したり、妄想などがあって、一緒に生活するのが大変といわれているけど、本当なの?

正しい接し方をしないと困ることもあるけど、コツをつかめば怖がることはないんだよ。これから認知症の人が増えるといわれているから、もっと関心を持ってほしいな~。

ホームくん! 「グループホーム」っていうところは、他の施設とどう違うの?

一番大きな特徴は、認知症の人たちが「共同」で「生活」をしながら暮らすところなんだ。1グループあたり定員5人から9人の小規模で家庭的なところなんだよ! 最大で3グループある事業所もあるよ。

どうして? 認知症の人が増えるのなら、定員をもっと多くしたほうがいいんじゃないの?

そうじゃないんだ。認知症の人は、ひとりぼっちになっても大勢のなかにいても不安になって混乱するんだ。また、認知症ではない人のなかには、認知症の人を理解しづらく、迷惑だと感じてしまう人もいるんだ。だからグループホームは、小規模で、認知症のご利用者3人に対して介護職員が1人という目が届く体制になっているんだよ。

他の施設でも、認知症の人のケアにはそういう体制をとっているの?

残念だけど、そういう手厚い体制になっている施設はないんだ。グループホームが一番手厚いサービスを受けることができるんだよ。

へぇ~、そうなんだ。グループホームでは認知症の人ってどんなふうに過ごしてるの?

私たちと同じだよ。できないこともたくさんあるけど、できることもたくさんあるんだ。洗濯物のたたみ方は誰よりも上手だし、お料理の味付けは誰にも負けない……。「すごいですね!」って声をかけると、とびっきりの笑顔が返ってくるんだよ! 見たくない? もちはもち屋じゃないけれど、認知症ケアはグループホームにおまかせあれ!だよ。なんとなく理解してもらえたかな~?

  • 事業者一覧